用語集|京都・滋賀の物件情報なら『お部屋探しねっと-ランテージ(RENTAGE)-』

用語集

Glossary

ホーム用語集

あ行の用語

アイランドキッチン
調理台を島のように壁から独立させたキッチンのレイアウト。多人数で調理台を囲めるだけでなく、ダイニング側との行き来がスムーズで、ホームパーティーに対応しやすい。
アパート
2階建て以下の集合住宅。木造・軽量鉄骨造などが多い。2階建てまでなので1棟の戸数が少なく隣近所が把握しやすい。木造の場合通気性が良いため冷暖房の効率がやや悪い。
アルコーブ
主にマンションで各住戸の玄関扉を共用廊下より少し内側に設けた造り。扉の開閉で共用廊下をふさがない、地震の際に扉が変形しにくいなどの利点がある。
一般媒介
家主が他の不動産業者に重ねて媒介を依頼することが許されるもの。一般媒介契約が締結されても、家主は他の不動産業者への依頼が制限されないので、有利な取引の機会が広がるが、不動産業者の方からすれば成功報酬が得られる保証がないため、積極的な媒介行為を行なわない場合もある。他に専任媒介、専属専任媒介がある。
印鑑証明
市区町村に届けてある印鑑(実印)届の証明書
インターホン
玄関と屋内や離れた屋内同士で話ができる装置。
インナーバルコニー
上部前面に屋根があり、半屋内化しているバルコニーのこと。
ウォークインクロゼット
人が入って収納と取出しができる部屋のこと。一般に衣類の収納を主体とする。
ウォークスルークローゼット
出入口が2箇所ある収納スペース。あらかじめ棚やハンガーバーを備え付けていることが多く、スペース内で作業ができる。
エコウィル
家庭用コージェネレーションシステムの愛称で。 都市ガスやLPガスを燃料とするガスエンジンで発電を行い、その際に発生する排熱を給湯などに利用する家庭用コージェネレーションシステムで、「エコウィル」はその愛称。
※大阪ガス株式会社の登録商標
エコキュート
ヒートポンプ技術を利用し空気の熱で湯を沸かすことができる電気給湯機のうち、冷媒として、フロンではなく二酸化炭素を使用している機種の総称。 正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」という。
※「 エコキュート」の名称は、日本の電力会社・給湯機メーカーが使用している愛称で関西電力株式会社の登録商標
エコジョーズ
少ないガス量で効率よく湯を沸かす省エネ性の高い給湯器。
※東京ガス株式会社の登録商標
オートロック
遠隔操作でマンションのエントランスドアの施錠解錠ができるシステム。訪問者はマンションの外のインターホンで居住者を呼び、居住者は確認後部屋の中からエントランスドアを解錠するので、不審者の侵入が防げる。
オープンキッチン
他の空間(ダイニングスペース等)との間が壁などで遮断されていないもの。
オール電化
例えばガスコンロの代わりにIHクッキングヒーター、ガス給湯器の代わりに電気温水器を導入するなど、住宅内の設備すべてを電化したシステム。
追い焚き
給湯だけでなく浴槽のお湯を沸かし直す機能のついた風呂。
屋内駐車場
建物の内部に設置された駐車場のこと。
押入れ
上段、下段に分かれた襖のついた収納スペース。押入れの広さは一畳が一般的だが、まれに半畳のものもある。詰め込みすぎると、押し入れ内の空気が循環せず密閉状態となり、湿気が溜まってしまうので注意が必要。

か行の用語

カードキー
玄関ドア等があらかじめ入力されたデータカードにより解錠できるもの。
カウンターキッチン
キッチンとダイニングルームの間に小さなカウンターがついているキッチンのこと。ダイニングルームにいる家族や客と話しながら、調理や後片付けができたり、カウンター越しに調理や皿の受け渡しができたりする。小さな子どものいる家庭では、親がキッチンにいる間でもカウンターを通して、子どもの様子をうかがうことができる。
ガスキッチン
ガスコンロを設置することができるキッチンのこと。
楽器相談可
相談により楽器を使用する事のできる物件。物件により使用できる楽器、時間帯等の条件が違う為、詳細は各不動産屋に確認が必要。
管理会社
賃貸住宅でいう場合、貸主から建物の維持・管理などを委託された会社。入居後のトラブル対応や解約予告などは、仲介会社ではなく管理会社が窓口となる。
管理費
エレベーターや廊下等の共用部分の維持管理のため、月々家主に支払う費用。共益費に同じ。
機械式駐車場
自らの運転で車庫入れする自走式駐車場に対し、機械操作によって出入庫を行う駐車場形式。上下2台分の簡易型から循環式までさまざまなタイプがある。省スペースで多数の車を収容でき、多くは屋内型になっていて車上荒らしや自動車盗を防ぎやすい。
共益費
エレベーターなど設備の管理や維持のため、月々に家主に支払う費用。管理費に同じ。
クッションフロア
弾力性のある塩化ビニール系のシートを敷いた床のこと。水気に強く、洗剤などで簡単に手入れすることができる。
グルニエ
屋根裏部屋のことをいう。屋根裏を利用して収納スペースにしたり、書斎やアトリエ・子ども部屋にすることもある。
クロス
壁や天井などに張る内装材。布、ビニールなどの種類がある。
クロゼット
収納庫のこと。ハンガーパイプがついていて洋服を収納できる場合が多い。
契約一時金
賃貸借契約時に貸主に支払う金額。解約・契約終了時も返還されない。
軽量鉄骨造
柱や梁等の骨組みに厚さ6mm以下の鉄骨を使った工法をいう。外壁や内壁には軽量コンクリート等が張られる。木造に比べて耐火・耐震性があり遮音性に優れる。
下宿
いわゆる食事付きのアパートのこと。部屋の広さは4畳半から8畳くらいが多く、トイレ・シャワーは共用。ガス・水道・電気代は家賃に含まれている事が多い。
原状回復義務
退去時に、入居者が故意過失・善管注意義務違反・通常使用を超えた分の破損汚損などを復旧する義務のこと。
権利金
権利金とは、借地権や借家権の設定・移転の対価および賃料の前払い等として、地代や賃料以外に支払われる金銭をいいます。担保である敷金とは違い、契約終了(明渡し)時には返還されません。
構造
棟・床・壁等の日照・騒音に直接影響を及ぼす建築工法工材の種別。鉄筋コンクリート造(RC)、鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)、プレキャストコンク リート造(PC)、 鉄骨プレキャストコンクリート造(HPC)、鉄骨造(S)、気泡コンクリート造(ALC)、軽量鉄骨造(LGS)、木造等がある。
コーポ
一般に木造や軽量鉄骨造で2階建ての共同住宅を指す。
国土交通大臣免許番号
不動産取引を行う上で必要な免許をもつ証。不動産会社がひとつの都道府県のみに事務所を構える場合は都道府県知事免許、複数の都道府県に事務所を構える場合には国土交通大臣免許となる。免許番号と併記される()内の数字は更新回数を示す。
ゴミ回収サービス
ゴミ置き場まで行くことなしに、玄関口や居住フロアまでゴミを回収しにきてくれるサービス。

さ行の用語

サービスバルコニー
マンションの北側に設置された小さなバルコニー。
サービスルーム
納戸のこと。建築基準法上、採光や換気基準を満たさず、居室として認められない部屋。間取りとしては1LDK+SなどSと略される。
敷金
家賃の滞納や、原状回復費用の金銭的保証として、大家さんが先に預かっておくお金のことをいいます。退去時に未払い家賃や修繕費等の支払い債務がある場合、債務と相殺され返還されます。
事故物件
所有権などについての係争、所有者の倒産、自殺、敷地への浸水などの事件等、何らかの問題点のある不動産をいう。
システムキッチン
流し台や調理台、ガス台、吊戸棚等がひとまとまりとして機能的に配置されているキッチンのこと。
住宅保険
入居条件として損害保険の加入が義務付けられている部屋もある。
シャンプードレッサー
洗面・洗髪ができるハンドシャワーが設置されている洗面化粧台のことをいう。
シューズインクローゼット
玄関付近に備え付けられた、靴を履いたままに出入りができる収納スペース。シューズインクロークや玄関土間収納ともいう。靴が収納しやすいよう、あらかじめ棚などを備え付けられていることが多く、また広さによっては様々な用途の使用が可能。
住宅確保要配慮者向け賃貸住宅
高齢者世帯、障がい者等世帯、子育て世帯、又は所得(月あたりの収入)が214,000円を超えない世帯、その他、地方公共団体が定めた地域住宅計画に該当する方への供給の促進を目的として、一定基準を満たした賃貸住宅。それぞれの基準や具体的内容については、掲載店舗へお問合せを。
重要事項説明
契約にあたり、建物の名称・所在地・貸主・契約内容(賃貸借費用や禁止事項)などの事前確認が法的に義務付けられていて、不動産会社の宅地建物取引士(宅地建物取引主任者)が文書(重要事項説明書)で示して説明する。借主が了解すれば署名・捺印を行い、契約手続きへと進む。
償却/敷引
(=解約引)退去時の精算で保証金(敷金)から差引かれる金額のこと。敷引はあらかじめ設定されている金額で、賃貸住宅の場合はリフォーム代等に充当される。大きな損傷による修繕費が必要な場合は別途請求されることになる。
帖数
室内の面積を畳の数で表現するもので、主に和室に用いられる。一般に1帖=1.65平方メートル(中京間に相当)を基準とするが、田舎間(江戸間)=1.54平方メートル、京間(本間)=1.82平方メートルなど、畳サイズは地域によって異なる。
善管注意義務
賃借人は賃貸人に対し、賃借物を明け渡すまで、善良な管理者の注意をもってその賃借物を保管しなければならないという義務のこと。 『 善良なる管理者の注意義務 』 、略して 『 善管注意義務 』 。
全室エアコン
すべての居室にエアコンが設置されていることをいう。
専属専任媒介
依頼者は依頼した不動産業者が見つけた相手以外のものと売買・交換・貸借の契約をできない媒介契約をいう。
セントラルヒーティング
地下室や屋上、機械室などにボイラー等を設置し、各室にパイプを通して暖房する中央式暖房システムのこと
専任媒介
依頼者が他の不動産業者に重ねて依頼することができない媒介をいう。
専有面積
居住する部分の面積でバルコニーは含まれない。
即入居
賃貸住宅で、契約手続きを済ませればすぐに入居可能となること。原則として、引っ越しの時期にかかわらず契約成立と同時に家賃が発生する。

た行の用語

耐火構造
壁・床・柱などの建築物の主要構造部分が一定の耐火性能を持った構造。一定の耐火性能基準とは、通常の火災による火熱が一定時間(おおよそ30分?3時間)加えられた場合に、構造耐力上支障のある変形や溶融、破壊その他の損傷を生じないものであること。
耐震構造
壁や柱、梁などの構造を強化をすることで建物自体を堅くし、地震のエネルギーを受けても耐えられるように設計された構造。
耐震補強工事済
建物の耐震性を高めるため、主要な構造部分(基礎・土台、柱、梁、床、壁、天井)を補強すること。方法としては、壁(耐力壁)の量を増やしたり柱と梁との接合部分を耐震金物などで強化するなど。
ダイニングキッチン
食事室兼台所として使えるスペース及び機能をもつキッチンのことをいう。4.5畳以上の場合をいう。
タウンハウス
敷地内に共有スペースを持ちながら計画的に配置された連棟式の低層集合住宅のことをいう。
宅配ボックス
マンションなどのエントランスホールに設置されており、不在時に宅配便などの手荷物が配達された場合、受け取ることができるロッカー設備のことをいう。24時間受け取り可能なので配達を気にせず外出ができる。
建物種別
構造、階数により種別が変わる。
【アパート】木造及び軽量鉄骨造・ブロック造等 【マンション】鉄筋コンクリート造及び鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄骨コンクリート造等 【一戸建て】戸建て住宅  【タウンハウス】共有スペースを持った連棟式低層住宅 【テラスハウス】各戸に庭のある連棟式低層住宅
宅地建物取引士(宅地建物取引主任者)
宅地建物取引士(宅地建物取引主任者)資格試験に合格し、都道府県知事の登録および宅地建物取引士(宅地建物取引主任者)証の交付を受けた者。賃貸借契約にあたっての重要事項説明などは、この有資格者だけが行うことができる。
宅配ボックス
不在時の宅配物受け取り用のロッカーのことで、主にマンションのエントランス内外に設けられる共用設備。暗証番号やカードキーなどを利用して荷物を受け取ることができる設備。
仲介
[同義語=媒介]貸主と借主の間に入って賃貸契約をまとめること。また、その役。
仲介手数料
部屋を紹介した不動産業者に支払うもので、賃貸借契約の場合は最高「家賃の1か月分まで」となっている。※売買契約の場合は価格によって変動がある。
面積の単位。通常は1坪=1間×1間=約3.3平方メートルで、目安は畳2枚分(畳種により若干異なる ※「帖数」参照)。
定期借家
契約時に「更新がなく期間の満了により契約が終了する」 ことなどを公正証書などの書面を交付して説明する ことにより、期間満了に伴い正当な理由がなくても確定的に賃貸借契約を終了させることができる契約のこと。
定期賃貸借契約
契約期間の満了により賃貸人に正当事由がなくても契約終了する賃貸借契約のことをいう。この契約は[1]期間を定め契約の更新がない旨を公正証書等の書面によって契約すること[2]賃貸人は、契約前にあらかじめ当該建物賃貸借は契約の更新がなく、期間満了により契約が終了する旨を記載した書面を賃借人に交付して説明しておかなければならない。
ディンプルキー
従来の一般的な玄関キーのような鍵山がなく、表面に多数の小さなくぼみ(ディンプル)を付けた形式のキー。鍵違い数(配列組み合わせ)が多く複製が困難なため防犯性に優れ、リバーシブルで抜き差しがしやすいことから、導入する住宅が増えている。CP-C認定錠のひとつ。
鉄筋コンクリート造
鉄筋は引張り力が強く、コンクリートが圧縮力に強いという両者の利点を生かし鉄筋をコンクリート補強した構造。多くは中層建築物の建設に用いられる。
鉄骨鉄筋コンクリート造
骨組みを鉄骨で作り、その周囲に鉄筋コンクリートをかぶせてその主要な構造部分を造る建築方式。強度に優れ高層住宅、高層建築物の建設に多く用いられる。
手付
契約締結の際に当事者の一方から相手方に対して交付される金銭またはその他の有価物をいう。金銭の場合が多い。
テラスハウス
各戸が庭を持つ低層の連棟住宅をいう。
徒歩~分
不動産の表示では80m=徒歩1分で計算し、基本的に端数は切り上げ。ただし表記される分数は平面地図上で計算した目安で、信号待ちや坂道の有無などにより実際の所要時間と異なることもある。
トランクルーム
住戸とは別に入居者が利用できる大きめの収納庫。住戸の玄関前や共用廊下脇に設けられていることが多い。利用料の有無は物件により異なる。
取引態様
【仲介(媒介)】情報を提供する会社が、貸主と借主の間にたって斡旋する場合をいう。 【代理】情報を提供する会社が、貸主から代理権を得ている場合をいう。 【貸主】情報を提供する会社もしくは個人が物件を直接貸す場合をいう。転貸契約による場合も貸主の立場となる。

な行の用語

長屋
平屋の連棟住宅。アパマンショップの物件検索では、「貸家」として検索できる。
納戸
大きめの収納室のこと。一見普通の部屋だが法律上「居室」として認められないものを納戸と表示する場合もある。「サービススペース」などと呼ばれることもある。
二重サッシ
ひとつのサッシに複層のガラスを用いた合わせガラスやペアガラスとは異なり、サッシそのものが二重に取り付けられた窓。主に遮音・断熱効果を期待するもの。
二重家賃
賃貸住宅間の住み替えの際に、旧居と新居の家賃が同時に発生している状態。解約予告後も解約が成立するまでは家賃が発生するのに対し、即入居物件ではすぐに家賃が発生することから重複が起こることがある。
入居審査
賃貸借契約の前提として、申込書や提出した必要書類が不動産会社から貸主の手に渡り、安定した支払い能力や風紀を乱すおそれがないか等がチェックされる。
ノンホルムアルデヒド
シックハウス症候群の主因のひとつといわれているホルムアルデヒドの放散を極力ゼロに近い値まで抑えた部材を利用して建てられた住宅

は行の用語

媒介
貸主と借主の間に入って賃貸契約をまとめること。また、その役。
ハイサッシ
一般に掃き出し窓上部の梁を外部に追い出すなどの工法により、天井付近まで高さを広げた背の高いサッシを指す。見た目の開放感だけでなく、部屋の奥まで光が届きやすいメリットがある。
ハイツ
一般にプレハブの2階建て共同住宅全般をいうが、CHINTAIでは主にプレハブ軽量鉄骨造のものを指す。
パイプスペース
上下水道管の配管スペースのことをいう。間取図では「PS」と表示してある。
はめ殺し窓
開閉できない固定型の窓。採光や透視は可能だが、通風はできない。図面上ではFIXと表記。
柱などと連結し、主に水平に渡された構造部材で、建物を支える上で重要な役割を果たす。鉄筋コンクリート造などでは内壁上部に張り出した部分がこれにあたり、家具配置などの制約となることも。
バリアフリー
建築的な障壁・障害がないこと。特に高齢者や身体障害者の日常生活の妨げとなる障害を取り除くこと。
バルコニー
中高層住宅で建物の外壁から外側に突き出した形で設置される屋外空間のこと。手すりがつけられているが、手すりの高さは床面から110cm以上と決められている。
【サービスバルコニー】マンションの北側に設置された小さなバルコニー 【ルーフバルコニー】下階の住戸の屋根部分を利用して作った上階のバルコニー
平屋
1階建ての住居。 アパマンショップの物件検索では、土地も分かれている住宅であれば、「一戸建て」、土地が分かれていない場合には、「貸家」として検索できる。
ビルトイン
建築段階からあらかじめ家具や設備が造り付けられていること。建物の構造部分と一体化しているため、機能性が高く、見栄えが良い。ビルトイン収納、ビルトインエアコンなど、さまざまなものがある。
日割り家賃
賃貸借契約成立による家賃発生(入居可能日)が月途中の場合、月末までの家賃を日割りして支払うこと。
振り分けタイプ
2K以上の部屋でキッチンからそれぞれの部屋に入れるタイプのものをいう。
フリーレント
一定期間家賃が無料となる条件。
プレキャストコンクリート造
工場であらかじめ鉄筋コンクリートパネルを製造し、これを現場で組み立てて構造体を造る工法で建てられた構造。工期の短縮と狭い現場にも対応できるという利点がある。
フローリング
洋室で床が板張りのことをいう。
ブロック造
構造耐力上主要な部分にコンクリートブロックを使用した建物。
分譲賃貸
もとは分譲用に建築された住宅を賃貸住宅として貸し出すもので、分譲貸しともいう。一般的な賃貸住宅に比べ、構造や機能性が優れているものが多い。管理規約が適用されるほかは、普通の賃貸住宅と同じように住むことができる。
ペット相談可
相談により、ペットを飼うことができる物件。物件により飼うことのできるペットに違いや条件があるため、詳細は各不動産屋に確認が必要。
防犯モデルマンション
犯罪に遭いにくい構造、設備の基準を満たしているマンションを「防犯モデルマンション」として各地の防犯協会連合会等が認定・登録されたマンション。
保険・住宅保険
火災など万一の場合に、財産などを保障してくれる仕組み。
保証金
京都を除く関西で使われるもので、「敷金」と同じ意味になる。退去時に返還されるが、「敷引」及び「未払い債務」があれば控除される。

ま行の用語

前家賃
賃貸借契約成立に伴って支払う当月家賃。家賃発生日が月途中の場合は原則として日割り家賃となるが、家賃発生日が月末に近い場合はさらに翌月1ヵ月分を併せて支払うこともある。
間取り
その物件にいくつ部屋があるか、どのような部屋があるかを表わす。1R・1K・1DK・1LDK・2K・2DK・2LDK・3K・3DK・3LDK・4K・4DK・4LDK・4SLDK等。
【R】ルーム 【K】キッチン 【DK】ダイニングキッチン 【L】リビング 【S】サービススペース(納戸等多目的に使えるスペース)
マンション
鉄筋コンクリート造や鉄骨コンクリート造の中高層集合住宅のことを言う。アパートと比べて冷暖房効率、防音性、耐震性にすぐれている。
ミングル
原則として同性の単身者同士を対象に、同居生活を前提として設計された住戸スタイル。複数の個室と共同で使うキッチンやバス・トイレなどからなる間取りが特徴。賃貸借契約はひとりずつ別々に結ぶ。
メーターボックス
上水道メーターやガスメーター等のメーターが設置されているスペースで「MB」と表示される。玄関脇に設置してあるのが一般的。
メゾネット
マンション等の部屋の中に2階のスペースを設け、立体的な広がりを持たせた造りのことをいう。室内に階段があり一戸建て気分を味わえる。
面格子
窓の外側に取り付けられた防犯用の縦格子。1階の部屋の小窓や共用廊下に面する窓など、窓破りによる侵入口となりうる開口部を守る。
免震構造
地震による建物の揺れや破壊を防ぐため、地震の力が直接建物に伝わらないように工夫された構造。現、国土交通省告示第2009号の規定に適合する免震建築物
申込金
契約の意思表示として、申し込み時に預けるお金。賃貸借契約の場合、物件により数千円から家賃1ヵ月分程度が目安。契約手続きが進むと、そのまま手付にあてられることも多い。預ける際には必ず「預かり証」の発行を依頼する。
木造
柱・梁・小屋組等構造上主要な部分のほとんどが木材、木質材料で構成される構造で、通気性が良いが遮音性に劣る。
木造枠組壁構法
建築構造の木構造の構法の一つ。耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型構造。木造軸組構法が、柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、木造枠組壁構法では、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える。それゆえ、高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性をもつ。

や行の用語

家賃保証会社
家賃債務に係わる連帯保証を代行する会社。加入する事により、礼金・敷金などの諸費用が優遇されるプランの物件もある。最近では、付帯サービスを幅広くおこなっている保証会社も多い。
家賃補助制度
所得条件をはじめ一定基準を満たす住人に対し、地方自治体などが家賃や敷金の一部を負担する制度。主に地域活性化や人口増加を目的とするため、新婚世帯や子育てファミリー世帯を対象とするものが多い。実施の有無、内容、金額、期間などはそれぞれ異なる。
床暖房
床に電気配線をしたり、敷設したパイプに温水を通すなどの方法で暖房するシステムをいう。輻射熱が多いため均一に暖められ、空気も汚れない。
ユニットバス
床・壁・天井がひとまとまりとして成型されている浴室のことをいう。硬質プラスチック等で成型され防水性に富んでいる。
ユニバーサルデザイン
主に高齢者や身体障害者などに配慮するバリアフリーに対し、年齢やハンディキャップの有無にかかわらず、誰もが過ごしやすい生活環境を整えようという考え。フルフラット設計、リバーシブルキー、プッシュプルドア、ワイドスイッチなどもそのひとつ。
浴室乾燥機
寒い時期に浴室内を温めておいたり、使用後の浴室を短時間で乾燥させたりする設備。湿気によるカビの防止に便利で、衣類を干して乾かすことも可能。単に浴室乾燥機能という場合、暖房や衣類乾燥機能をもつとは限らない。
浴室フランジレス排水口
排水口に、金属部分をなくしたフランジレス排水口を採用したもの。水垢がつきにくく、手入れも簡単。
四寸柱
一般的な3.5寸角柱よりも断面積が1.3倍になるため、柱・梁量で、耐震・耐久性などの強度が大幅にアップする。

ら行の用語

リノベーション
既存の建物に大きく改修を加え、その用途や機能を変えて価値を高めること。
リビングダイニング
居間と食事スペースを兼ねたひとつの部屋で、LDと略す。主に独立キッチンをもつ間取り。
リフォーム
住宅でいう場合、建物の増改築や改修、模様替えなどを行うこと。
ルーフバルコニー
階下の住戸の屋根にあたる部分を利用したバルコニーのことで、通常のバルコニーよりも張り出す面積が広いのが特徴。集合住宅の上階部分を後退させた設計の場合に見られる。
ルームシェア
ひとつの住戸を家族以外の複数人で借り、共同生活をおくること。少ない家賃負担でより広い部屋に暮らせ、防犯上もひとり暮らしより安心といった利点がある。ルームシェアを前提とした物件以外は、あらかじめ貸主の了承を得ておくことが必要。
礼金
入居にあたっての預け金である敷金や保証金に対し、貸主に対して契約締結の謝礼的に支払う費用。解約・契約終了時も返還されない。
連帯保証
依頼保証人が主たる債務者と連帯して家賃滞納等の債務を負担することをいう。債権者から請求があれば、連帯保証人は弁済の責任を負うことになる。
ロフト
建築基準法上、床面積に算入されない屋根裏部屋等(グルニエを含む)を言う。ワンルームや最上階の部屋によく見られる。

わ行の用語

ワイドスイッチ
照明のオン・オフを操作するスイッチで、従来の電源スイッチを大型の盤状にして手のひら全体で、あるいは手を握った状態でも操作ができるようになったもの。
ワイドバルコニー
一般的なバルコニーの奥行は1.5メートルほどだが、2メートル前後まで広げたバルコニーのこと。通路が広くとれ、洗濯物をゆったりと干すことができる。
ワンプッシュ排水栓
配管工事を行い、あらかじめ洗濯機に風呂水用のホースが設置し、浴槽に付いているボタンでお風呂の水が洗濯機に流せたり、軽くプッシュするだけで排水ができる。ワンプッシュ水栓とも呼ばれる。
ワンルーム
1部屋タイプの間取りで、居室内にキッチンが併設されているもの。1Rとも表記。居室とキッチンが分けて設けられている場合は1Kとなる。

英数の用語

1K
部屋は1つだが、その部屋の外にキッチンがあり、部屋とキッチンが仕切られているタイプ。このときのキッチンの広さが4.5畳以上ならば「1DK」、8畳以上ならば「1LDK」になる。
1R
部屋は1つだが、その部屋の一部にキッチンが付いているタイプ
ALC
細かな気泡を含む軽量コンクリートのことで、施工しやすく、耐火・断熱性に優れている。これと鉄骨を組み合わせたものが鉄骨ALC造。
CF
クッションフロアの略。
CL
クローゼットの略。
CP-C認定錠
ディンプルキーのような耐ピッキング性能で一定基準を満たす玄関錠のことで、財団法人全国防犯協会連合会が認定・推奨。不正解錠に時間を要するため、空き巣狙い等の被害に遭いにくいとされる。
DEN
デン。一般に書斎や仕事部屋などの小さな私室のことをいう。面積・構造の定義は特になく、納戸や寝室として幅広く利用できる。
DIY
元は日曜大工をいう。自らの手で生活空間をより快適に工事しようとする概念のこと。
DK
ダイニングキッチンの略。
EV
エレベータの略。
FIX
はめ殺し窓の図面上の表記。
HPC
柱をH形鋼と現場内コンクリート、梁を鉄骨入りプレキャストコンクリート、壁、スラブPCとした高層住宅用の工法で建てられた構造。
IHクッキングヒーター
キッチンに電磁誘導の作用により、調理器具そのものを発熱させる加熱調理器が備え付けられている。電磁調理器ともいう。
K
キッチンの略
LD
リビング・ダイニングの略。
LDK
リビング・ダイニング・キッチンの略。
LGS
軽量鉄骨造の略。
LPガス
常温常圧下で気体の低級炭化水素を,冷却,加圧して液化したもの。主成分はプロパン・プロピレン・ブタン・ブチレンなど。災害時の復旧が早くや火力が強いことが長所だが、一般的に都市ガスよりも価格が高いと言う短所もある。会社によっては特別料金を使うと一般料金に比べ割安になる場合もある。
MB
メーターボックスの略。
PC
プレキャストコンクリート造の略。
PS
パイプスペースの略。
RC
鉄筋コンクリート造の略
SRC
鉄骨鉄筋コンクリート造の略。
TVモニターフォン
エントランスなどに設置されたテレビカメラを通し、インターホンと連動したモニターで訪問者を確認できる装置。テレビモニター付きインターホンの略。相手の姿を見ながら応対可能なため、防犯効果も期待できる。
UB
ユニットバスの略。
WIC
ウォークイン・クロゼットの略。