特集記事|京都・滋賀の物件情報なら『お部屋探しねっと-ランテージ(RENTAGE)-』

ホーム特集記事借りてる部屋を無断転貸したらどうなる?

カテゴリ:お役立ち

2020.02.26

借りてる部屋を無断転貸したらどうなる?

民泊をやりたい!賃貸物件でできるのか?

近年外国人観光客の増加で、ホテルが不足しているというのをよく聞きます。
そのため、自分の家に観光客を宿泊させる【民泊】が増えてきています。

賃貸物件で借りてる部屋で【民泊】を行うことはかのなのでしょうか?
今回はこの部分について解説していきたいと思います。

結論から言えば賃貸物件での無断転貸は【NG】です!

まず、結論から言ってしまうと賃貸で借りている部屋を別の誰かに貸す【無断転貸】はNGです。

契約書にも【無断転貸をしてはいけない】という記載がありますし、もし契約書に記載がなかったとしても【民法 612条】で無断転貸があった場合には賃貸人は契約を解除することができると規定されています。

もし【無断転貸】をしていることが発覚した場合、借主を貸主との信頼関係が破壊されたと認められて、貸主は契約解除になる可能性が非常に高いのです。

【無断転貸】による【民泊】は入居者とのトラブルになりやすい

賃貸マンションで【無断転貸】での【民泊】を行うと、同じ物件の入居者・近隣の方とのトラブルに発展する場合が非常に多いです。

トラブルの例としては以下のようなものがあります

■トラブル例1
オートロック完備のマンションなのに、明らかに入居者ではない日本人や外国からの旅行者のような人が頻繁に出入りするようになって不安なので何とかしてほしい。

■トラブル例2
深夜の遅い時間なのに隣の部屋から複数人がどんちゃん騒ぎをしており、うるさくて眠れない。

■トラブル例3
朝ゴミを捨てようとすると、明らかにマンションの入居者でない人がマンションから出てきて全く分別されていないゴミを勝手に捨てていた。

【無断転貸】は絶対にしないでください!

絶対にバレないようにやろうとしても同じマンションの入居者の方や、近隣の住民の方からの連絡等で家主さん、管理会社に情報が入ってきます。

最悪の場合、契約解除になり退去しなければならなくなる可能性もありますので、絶対に【無断転貸】はやらないでください。

writer.十川
株式会社ミニテック西日本

「お役立ち」の最新記事