特集記事|京都・滋賀の物件情報なら『お部屋探しねっと-ランテージ(RENTAGE)-』

ホーム特集記事【分譲賃貸】っていったいどんな物件なの?

カテゴリ:お部屋探し

2020.02.11

【分譲賃貸】っていったいどんな物件なの?

部屋探しでたまに見かけるけどもどんな物件?

お部屋探しをしているときに【分譲賃貸】という単語を見かけることがあります。
そもそも【分譲賃貸】とはどのような物件なのでしょうか?
普通の賃貸マンションと何か違うところがあるのでしょうか?
今回はこの【分譲賃貸】について解説していきます。

【分譲賃貸】は【分譲マンション賃貸】の略称です

【分譲賃貸】とは【分譲マンション賃貸】の略称です。

【分譲】とは部分を分けて譲ること、土地・建物などを区分けして売ることを言います。
つまり、マンションの各部屋ごとに所有権が売却・購入されているのです。
なので【購入して住む部屋を賃貸として貸し出している】のです。

購入したのに住まないで賃貸にしているかというと、『マンションを購入したものの、転勤で他府県に行かなければならくなり住むことが難しくなった』ため、賃貸として貸し出す。
もしくは、投資目的で部屋を購入して賃貸として貸し出しているという理由が多いです。

【分譲賃貸】のメリット・デメリットとは?

この【分譲マンション】なのですが、【賃貸マンション】との大きな違いとしては、『建物の品質がしっかりとしている』というところです。

【賃貸マンション】のほとんどは投資目的で建てられています。
投資する金額に対して、家賃収入がどれくらいになるかをしっかり考えて建築します。
つまり、投資効率を考えて建てるため必要以上の設備を設置や、部屋を広くするなどは出来ません。

一方、【分譲マンション】は購入者が一生暮らすことを目的として購入する物件ですので、躯体・設備もグレードが高かったり、しっかりしているものが多いです。


【分譲賃貸】のメリット・デメリットをまとめると
▼メリット▼
■躯体がしっかりしているため耐震・防音に優れた部屋が多い
■設備も充実した部屋が多い
■管理組合の人がいることが多い

▼デメリット▼
■家主の規約だけではなく、マンション全体の規約がある
■比較的家賃が高めの物件が多い
■転勤等の理由で、定期借家契約で長期間住めない場合がある

※物件によって条件が異なる場合があります。


あと、これは建物としてのデメリットではないのですが、【分譲賃貸】の家主さんは投資を目的としたプロの家主さんでないことが多いため、管理会社が入っていない場合は、設備の故障が発生した際にすぐ判断や業者手配ができない場合があります。


住み心地のいい【分譲賃貸】を探してみよう

【分譲賃貸】は躯体・設備等の良さはありますが、マンション全体の規約・住める期間・管理会社の有無等の面は確認しておかないといけないと思われます。

普通の賃貸マンションとは違う部分も多いですが、しっかりと調べて確認することで快適に暮らせる物件が多いのでお部屋探しの際は【分譲賃貸】も視野に入れて探してみてはどうでしょうか?

writer.十川
株式会社ミニテック西日本

「お部屋探し」の最新記事