特集記事|京都・滋賀の物件情報なら『お部屋探しねっと-ランテージ(RENTAGE)-』

ホーム特集記事部屋探しで見逃しがち【ゴミ回収】

カテゴリ:お部屋探し

2020.02.06

部屋探しで見逃しがち【ゴミ回収】

部屋探しのとき、マンションのゴミ回収ってチェックしてます?

皆様はお部屋探しをするときに、どの部分を重視してお部屋を探されてますか?
【広い間取り】【収納が多い】【駅から近い】【インターネット無料】【宅配ボックス完備】【オートロック完備】...

色々あると思いますが【ゴミの回収】を見ている方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
今回はこの【ゴミの回収】について解説していきます。


マンションの【ゴミ回収】は大きく分けて2種類あります

【ゴミ回収】は大きく分けて『自治体回収』と『民間回収』の2種類に分けれます。


■自治体回収■
▼分別
自治体の分別に沿ったルールが適用されます。そのため、住んでいる市区町村によっては分別を細かくしっかりしていないと回収されない場合があります。

▼収集日
燃えるゴミは毎週火曜日・資源ごみは第3金曜日など指定した日に捨てないといけません。
間違って捨てると回収されずにトラブルに発展する場合もあります。

▼ゴミ袋
住んでいる市区町村によっては『指定のゴミ袋』(有料)がある場合があります。
金額は場所によって違ってくるので、事前に確認が必要です。

▼回収場所
マンションによっては、マンションの前に出しておくと回収してくれることもありますが、大抵の場合は近隣の指定の回収場所に捨てるようになります。


■民間回収■
▼分別
自治体回収に比べると細かくない場合が多いです。

▼収集日
導入されている民間業者によって異なります。
平日であれば回収してくれるところや、毎日回収してくれるところなど様々なので、入居時に管理会社に確認しておきましょう。

▼ゴミ袋
特に指定のゴミ袋はないので、『透明・半透明で中身が見える袋』であればOKとしているところが多いです。

▼回収場所
マンションの敷地内の『ペールボックス』や『物置タイプの回収場所』に捨てることがほとんどです。


自治体のゴミ回収に比べると、民間回収の方が手厚い対応をしてくれます。
何故ここまで差があるかというと、マンションのオーナーさんが個別に業者と契約して、別途費用を払っていて、近隣のマンションと差別化や利便性をよくするためにやっているからです。

そのため、自治体回収のマンションに比べると賃料、もしくは共益費が高くなっている場合がありますので、そこはしっかりと確認しておきましょう。

ゴミ回収って実は結構大事なポイントです

人が生活する以上、ゴミはどうしても出てくるものです。
捨てるのを忘れて部屋やベランダに放置していると、においや害虫の発生によって入居者間や近隣とのトラブルに発展する場合があります。

お部屋探しをする際に【間取り】や【駅からの距離】だけではなく、【ゴミの回収】がどのようになっているかも確認してみてはどうでしょうか?

writer.十川
株式会社ミニテック西日本

「お部屋探し」の最新記事