特集記事|京都・滋賀の物件情報なら『お部屋探しねっと-ランテージ(RENTAGE)-』

ホーム特集記事駅から遠い物件のメリット・デメリット

カテゴリ:お部屋探し

2020.02.05

駅から遠い物件のメリット・デメリット

駅から遠い物件って【あんまりいい印象がない】?

皆様は【駅から遠い物件】はどのような印象をお持ちですか?
『いや、駅から遠いって、もうそれだけで対象外!』と考えれられている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、駅から遠い物件にもメリットがあります。
今回はこの内容にについて解説していきます。

駅遠物件のメリット1:賃料が安く設定されている場合が多い

駅近辺の物件は地価が高かったり、人気の高さから家賃が高めに設定されることが多いです。
【駅徒歩5分圏内】と【駅徒歩15分圏内】の同じような間取りの物件でも、家賃が1万円ちかく違う場合があります。
毎月の家賃が抑えられるので、その抑えた分のお金を貯金したり、自分の趣味のお金にまわしたりすることができます。

駅遠物件のメリット2:駅近に比べて広めの間取の部屋が多い

先ほどの【メリット1】でも書きましたが、駅近辺の土地は地価が高いため、あまり広い土地を購入することができず、部屋の間取が狭かったり、部屋に面積の都合上、風呂とトイレが一緒のユニットバスにせざるを得ない場合があります。

ですが駅から遠い土地は地価が安い場合が多く、広い間取の部屋が多くなってきます。
また、面積が大きいので収納スペースも多く作られていることが多いです。

【駅が近くても狭すぎたり、収納が無いのはちょっと。。。】という方は、駅からちょっと遠い物件も考慮してみるのもいいかもしれません。

駅遠物件のデメリット:もちろん駅から遠く場所によっては不便

当たり前の話になってしまいますが、駅から遠いということは、それだけ移動に時間がかかってしまいます。
天候がよくない日は駅に行くだけでも一苦労になってしまう場合があります。

さらに、遠いだけではなく以下のようなことになる場合もあります。

▼ケース1
駅まで20分くらいの場所で、特に歩いて通勤するのには問題ないと思っていたが、近隣に街灯やコンビニなどのお店が少なく、夜帰るときに何かトラブルに巻き込まれたりしないかと不安になる。

▼ケース2
駅まで行くバスが出るバス停が近所にあるため契約したが、思っていたよりバスの本数が少なく、乗れなかった場合は次のバスまで30分くらいかかる。
時間がもったいないと歩いて駅まで行こうとしたが、道中に急な坂があり徒歩で駅まで行くのがなかなか難しい。

▼ケース3
駅までは距離があるが、ロードバイク(自転車)をもっているので問題ないかと思っていた。
一番駅までの最短距離をロードバイクで行こうとしたが、道が階段で下りることができなかった。

距離・時間だけを見るのではなく、気になる物件は近辺を歩いてみよう

部屋は仲介業者さんと内覧に行って確認しても、その近辺の環境や道を確認しておきましょう。
家賃を抑えて広い部屋に引っ越したのに、移動するのにとても不便だったりしては元も子もなくなってしまいます。

見える情報だけではなく、紙やHPには載っていない情報を自分で調べたり、体感して本当にその部屋に住んでも問題ないか吟味したうえで契約しましょう。

writer.十川
株式会社ミニテック西日本

「お部屋探し」の最新記事