特集記事|京都・滋賀の物件情報なら『お部屋探しねっと-ランテージ(RENTAGE)-』

ホーム特集記事マンションの【共用部分】でのトラブル

カテゴリ:お役立ち

2020.01.29

マンションの【共用部分】でのトラブル

【共用部分】で一番多いトラブルが『私物の放置』

マンション・アパートの【共用部分】に私物(カサ・植木鉢・ベビーカーなど)を置かれている方がいます。
そもそも【共用部分】に私物を置くことはNGです。

「ちょっとぐらいならいいじゃないか!」「邪魔にならないならいいのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、なぜいけないかというと【共用部分】に物を置くことは【消防法】の問題に引っかかってくるからです。

消防法の規定で、各都道府県が【火災予防条例】を制定しています。
条例では『避難に支障となるものを廊下に置いてはいけない』という旨が定められています。
具体的にどれくらいの物を置いたら『避難に支障となる』かについては具体的な規定はありません。
マンションの通路の幅は建物の規模に応じて、建築基準法に基づく各都道府県の条例により定めれていて、それが一つの目安となります。

また、上記法律とは別に契約書内にも『共用部分に私物を置いてはいけない』と記載があります。

暮らしやすい住環境は入居者の皆様で作るもの

『ちょっとだけ』『同じマンション内にも置いてる人がいるから』と【共用部分】に物を置いてしまう人がいますが、共用部分に私物を置くことのはNGです。

もし、火災があって避難するときに避難の妨げになったりします。
マンション・アパートはあなただけではなく、色々な方が暮らしています。
自分がよければではなく、節度を持って周りの入居者さんのことも考えていきましょう。
暮らしやすい住環境は入居者の皆様で作るものです。色々なことに配慮して、互いに安心して暮らせるようにしていきましょう。

writer.十川
株式会社ミニテック西日本

「お役立ち」の最新記事