特集記事|京都・滋賀の物件情報なら『お部屋探しねっと-ランテージ(RENTAGE)-』

ホーム特集記事敷金・礼金・保証金の違いは?

カテゴリ:お部屋探し

2020.01.07

敷金・礼金・保証金の違いは?

この三つの金額の違いは?

引っ越しの際はいろいろとお金がかかります。

お部屋の契約をする際の初期費用で、【敷金】【礼金】【保証金】という名前をよく聞くと思います。
初めてお部屋を契約するときは、違いがわかりにくいと思いますので、今回はこの費用の違いについて説明したいと思います。

それぞれのお金の意味と違い

【敷金】
部屋を退去する際に原状回復(お部屋の汚れ・傷などを直す)費用として入居前に事前に払うお金です。
基本的に、現状回復にかかった費用を差し引かれたお金が退去時に戻ってきます。


【礼金】
物件を所有する、家主さんにお礼として支払うお金です。
敷金と違い、退去の際にお金が返金されることはありません。


【保証金】
この金額は『敷金』と似たようなものになります。
ただ、この『保証金』は『解約引き』という項目がセットになっているときがあります。
この場合は、保証金から解約引きの金額を引いた金額が退去時に返金されます。

例えば保証金が20万円で、解約引きが10万円だった場合は10万円が返金されます。
※現状回復にかかる費用によっては返金される金額が変わる場合があります。

契約時に初期費用はしっかり確認しよう!

【敷金】【礼金】【保証金】以外にも初期費用として掛かるお金がある場合があるので、もしわからないことがあれば、仲介店のスタッフの方にしっかりと質問しておきましょう。

お部屋の契約には、たくさんのお金がかかります。
契約の際は初期費用で『どの金額』が『どれだけかかるか』、『退去の際に返金があるか』等をしっかりと確認してから契約をしましょう。

writer.十川
株式会社ミニテック西日本

「お部屋探し」の最新記事