特集記事|京都・滋賀の物件情報なら『お部屋探しねっと-ランテージ(RENTAGE)-』

ホーム特集記事【コロナウイルス】によって増えた賃貸物件でのトラブル

カテゴリ:お役立ち

2022.04.05

【コロナウイルス】によって増えた賃貸物件でのトラブル

コロナウイルスの蔓延で増えるトラブル

コロナウイルスの蔓延によって、賃貸不動産業界はこれまでにない大きなダメージを受けました。
そして経営の面だけではなく、賃貸物件内でのトラブルも多発するようになりました。

今回は【コロナウイルスの蔓延】によって多くなったトラブルについて解説していきます。


騒音によるトラブルの増加

コロナウイルスへの感染を予防するために、不要な外出を行わなくなったり、オンライン授業・テレワーク(在宅勤務)が増えたことで、物件にいる時間がこれまでより格段に多くなりました。
在宅時間の増加により、『足音』や『ドアの開け閉めの音』や『生活音』がうるさいのでなんとかしてほしいと管理会社に連絡される方が増加しました。
また、飲食店が早く閉まってしまうため、宅飲みで友だちと遅くまで騒ぐ声がうるさいといったトラブルも増えてきました。

騒ぐ騒音で迷惑をかけるのは駄目ですが、共同住宅での生活において、通常の生活で発生する生活音をまったく無くすというのは不可能なので、ある程度は許容しなければなりません。
ただし、いくら生活音だとしても、深夜に洗濯機を回す・掃除機をかける等、大半の入居者が寝ているであろう時間帯に行うのはやめましょう。

入居者側で出来る騒音対策としては、『防音スリッパ』や『防音マット』を使用して足音や生活音を和らげることが出来ます。

貸主側で出来る騒音対策としては、退去後の部屋の改装で床材等を防音のものを使い騒音対策を行うということが出来ます。
また、騒音の対策を行っているということでアドバンテージにもなります。


インターネットの速度が遅くなるトラブル

不要な外出の減少・オンライン授業・テレワークの増加によって、インターネットの使用時間・通信量も大幅に増加しました。
そのため、時間帯によってはマンションのインターネットがつながらい・とても通信速度が遅いといったトラブルも増加しました。

この問題に関しては貸主側で、より品質の高いネットの会社に切り替えるという方法があります。
『インターネット無料』はシングル・ファミリー問わず人気の設備です。
高速で安定した速度を出せる無料のネットが設備として使えるのは、近隣の空室との差別化でき、お客さんにも分かりやすく訴求出来ます。

インターネットは最早『ライフラインの一つ』と言えるぐらい生活に欠かせないものとなっています。
これを機会に一度マンションのネット環境を見直してみてはどうでしょうか。


給湯器・温水洗浄便座が入荷されず修理できないトラブル

コロナウイルスの蔓延により、『勤務時間の制限』や『ロックダウン』等で、給湯器や温水洗浄便座本体や修繕のための部品が不足しています。
そのため、給湯器や温水洗浄便座が壊れて修繕したくてもすぐに出来ないという状態が多発しています。
特に給湯器の不具合はシャワー・お風呂が使えない、炊事でお湯が使えないという事態になってしまいます。

貸主側の対策としては、
【1】もしマンションに空室があるのであれば、その給湯器から修繕のための部品を取り出して修繕する、または空室の給湯器と取り替える。

【2】空室に電気を通して給湯器を使えるようにし、その部屋のお風呂を使ってもらう。

【3】空室が無い場合は給湯器の修繕までの銭湯代を負担する(ちゃんと銭湯代の領収書を確認して対応)。

等の対応方法があります。

シャワーやお風呂が長期間使えなくなってしまうというのは、入居者にとっては大変なストレスになります。
空室になった際は、給湯器の型式・製造年月をしっかり確認し、動いたとしてもあまりに古い機種の場合は壊れて対応が遅れるリスクを加味し、交換をするかどうかを検討するとよいでしょう。


コロナ蔓延による予想だにしていないトラブルへの対処をどうするか?

コロナウイルスが蔓延したことによって、賃貸不動産業界はこれまで体験したことが無いようなたくさんのトラブルに見舞われています。

色々なノウハウを蓄えてきた管理会社でも、コロナ禍のトラブルは『この場合はどのように判断するべきか?』『どのように対処するのが正しいのか?』と悩むことがあります。

もし、コロナ禍のマンション経営に悩まれている家主様がいらっしゃいましたら、是非お気軽に弊社までお問い合わせください。
メールでのお問い合わせは【24時間】受け付けております。

下記リンクのミニテック西日本のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせくださいませ。
▼ミニテック西日本・お問い合わせフォーム
http://minitech.jp/access/

writer.十川
株式会社ミニテック西日本

「お役立ち」の最新記事